「あいうべ体操」で免疫力をアップ!

「口呼吸」になっていませんか?

スマホやパソコンしている時に、口がポカンをあいてることありませんか?
無意識の内に、「口呼吸」しているんです。
冬の感染症の危険性があるこの時期にこそ「鼻呼吸」した方がいいんです。

こんなあなたは口呼吸している?!

・いつも口が開いている

・口を閉じると顎に梅干し状のしわができる

・下唇が突き出ている

・唇が渇いていて荒れやすい

・食べる時にクチャクチャ音がする

・起きた時喉が痛い

・左右の目の大きさが違う

・いびきをする

・寝ている時に歯ぎしりをする

・口臭が気になる、または口臭を周りからよく指摘される

・激しいスポーツをしている

・出っ歯気味である

・舌の横が波打っている(ギザギザしている)

・舌に厚い舌苔がついている

・鼻血がよく出る

・二重あごである

当てはまるものが多いほど、口呼吸かもしれません。

鼻は加湿器、空気清浄器、エアコンの3つの役割を持つ

鼻水は1日に約1ℓも分泌されています。そのうち約7割は、鼻を通る空気を加湿するのに利用されます。
鼻水が取り込んだ空気に湿り気を与えることで、体内に入る空気の湿度は90%以上に高められます。
しかし口呼吸では、これほど湿度を上げることができません。
鼻呼吸の場合より口呼吸のほうが口腔内を乾燥させてしまい、その影響でくちびるもカサカサになってしまうという専門家もいます。
くちびるが荒れて気になる人は、口呼吸になってしまっていないかを、確認してみましょう。

鼻は、空気をきれいにする働きも持っています。
まず、ホコリなどが体内に侵入するのを防ぐのが鼻毛です。
そして鼻粘膜に生えている微細な線毛と粘液層が、細菌やウイルスなどを捕獲します。
つまり、鼻から入った空気はこれら異物の多くが除去され、いわば空気清浄器から放出された空気のような状態になっているのです。
また、粘液には抗体があるため、細菌やウイルスが粘膜の細胞に付着したり侵入するのを防ぎます。
風邪やインフルエンザは、病原体が細胞内や粘膜で増殖することで発症しますので、
鼻から入った空気は、口から入る空気より、感染症にかかるリスクが少なくなるのです。

また、鼻から呼吸することで、空気が温められます。その温度は35~37度にもなります。
口呼吸ではここまで温められることがなく、冷たいまま肺に届けられてしまいます。
すると、肺の免疫力が低下するリスクにつながったり、肺にかかる負担が大きくなってしまいます。
このように、鼻は加湿器、空気清浄器、エアコンの3台を合わせた機能を持っています。
だから、健康のためには鼻呼吸が重要なのです。

口呼吸では、鼻呼吸ほど異物を取り除けないほか、温度や湿度も高められません。
喉の奥にはリンパ組織があり、通常であれば免疫がはたらくのですが、
鼻で排除されるべき異物まで喉に入ってくると、除去しきれなくなってしまう場合があります。
すると気道が細菌やウイルスに感染する危険性が高まり、風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまいます。
また、てのひらや足の裏にアトピーのような湿疹ができるのも、口呼吸が原因の一つだという専門家がいます。
口呼吸で扁桃が炎症を起こしやすくなるため、免疫が低下するからというのです。
さらには口呼吸の場合、歯肉炎などを起こしたり、虫歯になりやすくなるといったことも指摘されています。
これは口の中の乾燥が影響するからです。
ほかにも花粉症や喘息などさまざまな病気を、鼻呼吸に戻すことで治そうという試みも行われています。

あいうべ体操って?

できるだけ大きく口を動かすように「あー」「いー」「うー」「べー」と言うだけです。

「あー」でっかく口をあける!声は小さくで良い。

「いー」大げさにやる!

「うー」ぎゅっとすぼめる!

「べー」べーっていいながら舌を出す!!!

声を出さなくても大丈夫です。
口の動きは大げさくらいな方が効果大です。
1日30セットが目安です。

こんな人におすすめです

口がいつも開いている人
何となく疲れやすい人
だるい、やる気が起きない人
手軽に、いつでもどこでも出来る健康法が知りたい人
アレルギー性疾患(花粉症、喘息、アトピー性皮膚炎など)で困っている人
むくみをとって小顔になりたい人

「あいうべ体操」で免疫力をあげて、冬を乗り切りましょう!

関連記事

  1. 「むくみ」の季節到来!実は腸もむくむんです。

  2. 砂糖は麻薬?!

  3. フルーツは食前に食べる

  4. 母乳で育てることは母親も赤ちゃんも大満足!

  5. 長生き父さん、早死に父さん。

    歩くことの健康効果

  6. からだの中から温めよう!